箏(琴)と花

箏と押し花についての出来事

レッスン日、練習方法を考える

我が家の予定と先生のレッスンスケジュール、さらに次女の保育が可能かどうかということを調整していたら、前回のレッスンからあっという間に5カ月も経っていて、それなのにぜっっっんぜん練習できていなくて、、、

レッスンに向かう道は泣きそうでした。

先生に相談させていただいて、お話をして、レッスンしてもらって、全然全然ダメだったのに、いつも帰り道は心がパァ〜〜〜ッとした気持ちで、すごく前向きに頑張ろうと思えるのです。

先生に出会えたことは、私の人生の財産です。

 

そして今練習中の「春の曲」

弾くことはできる、というただ弾いていた長年の弾き方を変えようと、基礎を勉強し直しています。

f:id:kototohana:20190614104821j:plain

それにしても絶対的に練習不足。

弾き方を変えようとするどころか、間違えないように弾くので必死です。

練習していると次女が服を引っ張り騒いできて、放っておくと楽譜をポイっとされて終了(暗譜してれば弾けるけど暗譜までの練習も無理〜!)

次女が昼寝している間に今日はやれるか!?という間だけ弾くので、限られた時間で弾きこもうと急いで弾く!!

音は違ってもお構いなし!休符も短く!スクイも早く!!と、とにかく焦ってます。

長時間まとめて練習する方法は意味がないから辞めたほうがいいと教えてくださいました。先生も煮物をしている間一曲だけ弾くとか工夫されていたそう。

昔は糸が絹だったから、出しっ放しにできなくて大変だったわよ〜、とおっしゃってて、先生もお子様を育てながら演奏会等もあっていろいろ工夫をしながらされてたんだなと思いました。

できるだけコンスタントに弾く。丁寧に丁寧に。心がけたいと思います。

 

次女対策も(長女もまだまだ対策が必要ですが…)日常の業務も(そこはかなりさぼってますが…)、まだまだ工夫して頑張ってみようと思います。